冬の服装のご参考に

「冬の北海道で、ましてや森歩きなんて初めて。」「服装はどうしよう!?」

...という皆様に、ご旅行前の参考として、ご覧いただけますと嬉しいです。

※ 散策中にも天候や運動具合によって、体温の状況は変わります。基本的には重ね着をして、散策中にぬいだり着たり出来ることが大切です。

※ 『アウターの上着・ズボン』、『帽子』、『手袋』、『防寒長靴』は弊社でもレンタル可能です(今シーズンは無料!)。予約時に必ずお伝え下さい。


☆ アウターと帽子・手袋

〇 一番外側に着るウェアは、防寒はもちろんながら、防滴・防風の機能が必要です。また、上着だけでなく、ズボンもご用意ください。尻もちをつくとお尻が濡れます。丈の長い防寒コートは、スノーシューを装着すると、とても歩きづらいので注意です。(スキーズボンには内蔵式のスパッツがあり、靴との隙間から雪が入りづらいです。)

〇 帽子と手袋が必要になります。帽子は耳まで隠れるニット帽が適しています。 手袋はスキー等で使用するような、2重構造になっているものが良いです。

〇 晴れた日の雪の照り返し対策に、サングラスもあると散策中に便利です。※『アウターの上着・ズボン』、『帽子』、『手袋』は弊社でもレンタル可能です(要予約)。


☆ 中間着と肌着について

〇 上着の下に着る服装は体温調節がしやすいもの、フリースが便利かと思います。寒がりな方は下に薄手のトレーナー、またはフリースの上に薄手のダウンジャケット等。ズボンに関しては綿素材"以外”の化繊が良いです。特にジーンズは汗を吸って冷えます。

〇 肌着も汗を吸ってもすぐ乾くような素材が最適です。必要に応じてタイツや腹巻き。靴下は丈の短いタイプだと足首から冷えてきます。冷え性な方は厚手が良いです。


☆ 散策時の靴とスノーシュー


〇 写真のようなかたちでスノーブーツや防寒長靴に、スノーシューを装着できます。(スノーシューは弊社でお貸しいたします。ツアー料金にレンタル料込。)

※ 防寒長靴は弊社でレンタルできますが、(サイズに限りがあるので要予約)自分の足のサイズにあって履き慣れたスノーブーツが靴擦れ防止に望ましいです。

※その他、体力に自信のない方にトレッキングポール、靴の丈が短い方にスパッツのレンタルも可能ですので、予約時に心配な点はご相談ください。



シバれる季節、バッチリ準備を整えて、

いざ、出発!白銀に輝く森を散策しましょう(^^)/